今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

週刊ボイスメッセージサービス『今井澂の相場ウラ読み』

広告


最近のコラム

時事総合研究所委託編集 コメントライナー

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月25日 (月)

映画「ホーム・アローン」と私が注目している二つの素晴らしい仕事 2023・12・24 (第1205回)

映画「ホーム・アローン」と私が注目している二つの素晴らしい仕事 2023・12・24 (第1205回)

 

20231225_01

公式ホームページより>

 

大ヒットして続編がつくられたクリスマス映画の代表作。1990年の作品で、実は今年12月22日に再上映(もちろんTVで)されている。おすすめの佳作だ。

 

シカゴに住む裕福な子沢山の家庭がパリにクリスマス休暇を利用してゆくことにしていた。ところが停電で目覚まし時計が動かず、全員が寝坊。慌てて空港に出発したが、前夜に兄とトラブルで屋根ウラに寝ていた八才のケビン(マコーレー・カルキン、本当にかわいい)が取り残されてしまう。

一方、泥棒二人がクリスマス休暇で空き家になった家庭を狙う。この空き巣二人とケビンとの闘いが見せ場で、何ともおかしく、笑いを誘う。

 

さて、私もひとり暮らしで時間はたっぷりある。例年通り、有力経済誌の「2024年予想」が出た。2023年の当たり屋が何と言っているかを調べるのが何とも楽しみ。新年早々にご紹介する。

 

さて、本題。「素晴らしい仕事」のご紹介。

 

第一はりそなアセットマネジメント運用戦略部の黒瀬浩一さんだ。どこが素晴らしいか?

 

対内直接投資がインバウンドと並んで日本経済の第二の救世主という指摘だ。

 

20231225_02

<出所:りそなアセットマネジメント

 

円高時代から円安への転換に、対内直接投資は2014年ごろから増加し、2022年には6.4兆円となった。

 

一方インバウンドは中国からの団体旅行がまだ制限されている中、年間5兆円をこえるペースで経済成長を押し上げている。この二つだけで日本のGDPを約2%押し上げる効果がある。

 

黒瀬さんは「地方にも新しい成長をもたらしている」として、北海道のニセコ、熊本県の菊陽町を例に挙げる。「地元との比較で30~40%もの高い賃上げ、道路や空港などのインフラ整備は高度成長期さながらの光景が展開している」とも。

 

第二は、若林栄四さんの新著『2028年までの黄金の投資戦略-「超株高かつ超円高」が示現する世界』である。

 

20231225_03

くわしくは本を買って頂きたいが、日経平均の部分だけご紹介する。

 

「日経平均は、いま、暴騰前夜の状態である」

「おおざっぱに言えば、2037年に向けて爆騰10万円狙いだろう」

「とりあえず4万6229円が、次のターゲットである」

 

定価1600円、日本実業出版社刊、です。

さて、12月27日に全力投球するときになりました。銀行株と大手商社株に、買いを入れてください。グッドラック!!

 

 

★2024年1月に新刊が発売されます!★

『日本経済大復活 GOLDEN CHANGE』(Gakken)

20231225_04

(今井澂著、216ページ、1600円予定)

2024年からの日本経済は「ゴールデン・チェンジ」と呼べる大変化を遂げ、半導体やインバウンドを牽引車に成長路線に回帰します。日経平均株価が6万円を目指す流れを詳細に解説しています。オススメ10銘柄つき。通刊50冊目の記念の書です。是非お買い求めください(→アマゾンでの予約はこちら)。

 

2023年12月18日 (月)

木下順二「巨匠」と対ドル120円の円高。そして米国の景気後退 2023・12・17(第1204回)

木下順二「巨匠」と対ドル120円の円高。そして米国の景気後退 2023・12・17(第1204回)

 

劇団民藝の「巨匠」を久しぶりに観た。1991年に名優・滝沢修主演で観て、強い印象を得たので、どんな風に演じるのかを知りたかったからである。結果は――、退屈だった。感動が少しもなかった。

 

劇そのものは面白い。ポーランドのTVドラマから木下順二氏が書いたドラマ。

 

1944年。ナチス制圧下のポーランドの田舎町の小学校に5人の男女が住んでいる。

 

そこにゲシュタポがやって来て、ポーランドのレジスタントが鉄道爆破を行った。報復として4人の知識人を銃殺すると言う。

 

231218_01

劇団民藝ホームページより>

 

1人の簿記係が「自分は俳優だ」と言い、「マクベス」のセリフを朗読する。「知識人」として銃殺されることを知りながら。そして4発の銃声!

 

観客は、このナチスの制圧がその後1年余りでなくなったことを知っている。

 

同じように、現在の経済事象が、大きな変化をとげる前兆がみえ始めている。

 

まず円安。現在も1ドル140円台だが、来年春の春闘賃上げが実施されるころには、日銀はマイナス金利解除に動く。

 

231218_02  

 

オックスフォード・エコノミクスによると「長期金利は1.5%近くまで上昇する」。一方米国FRBも2024年第1四半期に利下げを実施すると、日米の長期金利格差は4%から2%に縮小する。円レートは110円から120円になるだろう。

 

一方、米国の景気後退の匂いが濃く出て来ている。

 

231218_03

 

チャートに示してある通り、トラック輸送が減少しはじめている。GDPの6%を占め、重要な景気参考指標である。2000年、2008年のあとを追い、しかも急速に悪化していることが明瞭に読み取れる(2つのチャートは大井幸子さんの資料から頂いた。記して感謝する)。

 

さて、これが米国大統領選に影響をもたらすことは言う迄もない。やはりトランプ第2期は確実とみて良い。となれば米国景気を思い切って悪化させ、次の時にぐんと良くすればいい。米国不況は深刻化し、NY株式市場も下げると私は考える。

 

一方、日本株。前回ご紹介した伊東秀広さんは私に電話して来て「一たん年初来高値を更新して、その後下落」として来た。ご参考までに。

 

★12月25日に新刊が発売されます!★

『日本経済大復活 GOLDEN CHANGE』(Gakken)

231218_04

(今井澂著、216ページ、1600円予定)

2024年からの日本経済は「ゴールデン・チェンジ」と呼べる大変化を遂げ、半導体やインバウンドを牽引車に成長路線に回帰します。日経平均株価が6万円を目指す流れを詳細に解説しています。オススメ10銘柄つき。通刊50冊目の記念の書です。是非お買い求めください。

 

 

 

 

 

2023年12月11日 (月)

映画「ナポレオン」と大悪妻ジョゼフィーヌの見直しと、発生した「ドカ」と金投資の見直し。 2023・12・10 (第1203回)

映画「ナポレオン」と大悪妻ジョゼフィーヌの見直しと、発生した「ドカ」と金投資の見直し。 2023・12・10 (第1203回)

 

英雄ナポレオンの生涯を画いた映画で、大量の人員、予算を投下した戦闘シーンは、十分に見応えがある。一見をおすすめする。

 

このリドリー・スコット作品は、英雄がその妻ジョゼフィーヌに一生変わらない愛を注いだことが軸になっている。

 

20231211_01

映画公式ホームページより>

 

私はその点だけが心からは納得できない。六才年上で二人の子持ち、しかも上官の愛人だった女。加えてナポレオンの戦地に来てほしいとの要請を無視しつづけ、愛人をつくり、浪費をつづける。ただ、この役を演じたヴァネッサ・カービーを観ると四分の一黒人の血をひいたエキゾチックな美貌を含めナポレオン(ホアキン・フェニックス)の心をとらえた魅力が理解できる。

 

さて、テーマである株の暴落。先週日経平均は千円下げた、外国人投資家が、植田日銀総裁の発言を材料に、円買い、日本株売りでたたいたからだ。円レートは一時141円まで急騰した。

 

加えて岸田政権の不人気、米国の「トランプ2・0」が重しになった。

 

ご存じのとうり私は11月の「ドカ」を予測していた。米国の国債格付けに引き下げがあり実施が伸びただけ、これが不安材料で残る。

 

ヘッジファンドが、先物で3兆円売っていた。2兆8000億円は買い戻した。終わりと思っていたが4000億円新規に先物を売り乗せてきた。これが市場面から見た真相である。

 

では、底値はいくらか。

ここはテクニカルアナリストの出番だ、と私は思う。

下げ相場に強いプラザ投資顧問の伊東秀広さんに聞いた

 

3万473円はほぼ確実に切る。3000円以上の下げになる。

 

20231211_02

<出所:ヤフーファイナンス

 

マネースクエアの宮田直彦さんも、珍しく米国株のハイテク銘柄に弱気を言っている。日本株は3万500円が底値だとも。

 

20231211_03

<出所:BullionVault

 

一方、株が下がる時は必ず上昇する金価格だが、著名な若林栄四さんが去る10月のセミナーで「クリスマス前のオンス2200ドル」と言っていた。現実はその線に近くなっている。

 

若林さんは、6月のセミナーでは「2029~2030年に控え目に見ても3885ドル」とした。これが去る10月には「最終的には7750ドル」と上方修正した。的中率の高い人だけに読者の皆様にもご留意いただきたい。

 

私はかねてから「全財産の3%は現物の金にして、子孫に遺贈しなさい」と助言してきた。いよいよこの助言が現実化してきた、と私は感じている。

 

では皆さん、GOOD LUCK!

 

★12月25日に新刊が発売されます!★

『日本経済大復活 GOLDEN CHANGE』(Gakken)

20231203_03_20231211094401

(今井澂著、216ページ、1600円予定)

2024年からの日本経済は「ゴールデン・チェンジ」と呼べる大変化を遂げ、半導体やインバウンドを牽引車に成長路線に回帰します。日経平均株価が6万円を目指す流れを詳細に解説しています。オススメ10銘柄つき。通刊50冊目の記念の書です。是非お買い求めください。

 

 

 

2023年12月 4日 (月)

映画「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」と、日本経済と日本株の独歩高 2023・12・3 (第1202回)

映画「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」と、日本経済と日本株の独歩高 2023・12・3 (第1202回)

 

前作は観客動員数240万人、興行収入37億6000万円という大ヒットになった。また日本アカデミー賞では、最優秀監督賞など12部門で受賞した。

 

前作は関東中心で、関西はイマイチだった。「ダサイタマ」のイメージが関西では浸透していなかったためだ。そこで製作者側が滋賀県を選んだ。

 

20231203_01

<出所:映画ホームページより>

 

カタキ役が特にいい。「日本大阪化計画」を叫ぶ冷酷無比な大阪府知事に片岡愛之助。神戸市長に藤原紀香が巧みな演技とメークで「らしく」みえる。

 

もちろんストーリーはハチャメチャ。ド派手な衣装、爆笑するギャグ連発。面白いから、ダマされたと思って観て下さい(実はビートたけしの「首」を観たのだが、全く面白くないし、笑いもない。そこで省略した。悪しからず)。

 

映画のテーマが「権力」あるいは「覇権」なので、現在の米中覇権戦争を取り上げる。

 

経団連のお偉いさんは目をむくかも知れないが、中国の敗北は目に見えている。

 

信頼できるシンクタンクである「日本経済研究センター」が米中GDP逆転を撤回している。

 

同センターは、2020年時点では「2028年に逆転する」とし、2021年時点では「2035年に逆転する」としていた。

 

これが2022年12月、「中国の名目GDPは米国を逆転しない」に変わった。2035年でも中国は米国の87%でしかない、に変わった。

 

理由は数多い。第1は不動産バブルの崩壊。これがかつての日本のバブル崩壊とは比べものにならないほど巨大なこと。第2は人口減少による労働力不足。さらにゼロコロナ政策が中国経済に大打撃を与えたこと、そして労賃の上昇で世界の工場としての地位がゆらいでいること。そして最後に、米国との新冷戦に勝ち目がないこと。以上である。

 

では、日本の立場はどうなるか。マネーの供給からみて、米国やユーロ圏より日本の方が2024、25年に成長率が高いことが予想される。

 

楽天証券の愛宕(あたご)信康さんの分析によると「M2の前年比がマイナスとなるのは、米国では1960年以降で初、ユーロ圏ではユーロ発足以降初めて」である。一方、日本のM2はふたケタ増をつづけていて、今後も同じである。

 

20231203_02

<出所:トウシル

 

では日本は。有力シンクタンクの2024年の実質GDP成長率予想は1%でほぼ統一されている。しかし、2023年は2%だが、当初は1%。次いで1.4%になっている。同じように、私は2024年も2%かそれ以上となる公算が大きいと信じている。理由はカンタン。インバウンドが月を追うごとに拡大していることによる。また、新紙幣の登場で、タンス預金の流動化が期待されることも見逃せない。

 

★12月25日に新刊が発売されます!★

『日本経済大復活 GOLDEN CHANGE』(Gakken)

20231203_03

(今井澂著、216ページ、1600円予定)

2024年からの日本経済は「ゴールデン・チェンジ」と呼べる大変化を遂げ、半導体やインバウンドを牽引車に成長路線に回帰します。日経平均株価が6万円を目指す流れを詳細に解説しています。オススメ10銘柄つき。通刊50冊目の記念の書です。是非お買い求めください。

 

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »