今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

週刊ボイスメッセージサービス『今井澂の相場ウラ読み』

広告


最近のコラム

時事総合研究所委託編集 コメントライナー

« 映画「ミステリと言う勿れ」とハマスのイスラエル攻撃のわが国にもたらす影響。上下動に関係なく利幅が狙える3銘柄 2023・10・22 (第1196回) | トップページ | 映画「おくりびと」とバイロン・ウィーン氏を悼む。改めて金への投資の有利性に注目。 2023・11・5 (第1198回) »

2023年10月30日 (月)

映画「THE CREATOR/創造者」とトランプ第2期。岸田政権の寿命。そして注目株 2023・10・29 (第1197回)

映画「THE CREATOR/創造者」とトランプ第2期。岸田政権の寿命。そして注目株 2023・10・29 (第1197回)

 

近未来型SFアクション映画は、カネのかけ方によって出来が違う。今回の作品は残念だが、予算が低かったらしい。出来はやはりイマイチ。

 

20231030_01

映画公式HPより>

 

核爆発によるロサンゼルス崩壊以降、人類とAIは十年以上激しく戦っていた。元特殊部隊員のジョシュア(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は妻マヤを失って、悲嘆にくれている。

 

そんな中、軍上層部から人類を滅ぼす兵器「クリエイター」の暗殺指令と、マヤの生存情報がもたらされた。再会を信じて敵のアジトに向かった主人公が出会ったのが、かわいい少女アルフィー。この少女こそ暗殺対象のクリエイターだった。

 

さて。トランプ再選。フォーリン・アフェアーズ誌最新号で「トランプ2.0の時代」という記事を書くくらいだから、相当確度が高い。

 

同誌によると「同盟国に恐怖を、ライバルに希望を」らしい。

 

2017年、トランプ氏は駐ウクライナ大使を自分に従順でないとして引き揚げ、ゼレンスキー大統領を自分の再選に協力させる駆け引きとして、最新鋭の対戦車ミサイルの供与を止めた。これでプーチンは時間を稼ぐことができた。

 

ある欧州高官は2期目のトランプ氏を「アーノルド・シュワルツェネッガーが演じた役より、殺人的で洗練されたサイボーグの暗殺者が登場するターミネーター・シリーズ」に例えた。

 

結論。ウクライナ戦争は、明年、遅くとも夏までに終わる。ウォーレン・バフェット氏の見方は正しく、大商社株の出番だろう。パレスチナ?イランの介入がなければ、ごくごく短期だろう。

 

20231030_02

20231030_03

NHK選挙Webより>

 

さて、わが国。現岸田政権の支持率は36%、不支持は44%。しかし自民支持が36.3%、ほかは1ケタなのでいわゆる青木ルールに照らしても、一応安泰である。

 

さらに、今回の「減税」がある。5兆円規模で、所得減税4兆円、低所得世帯に7万円。いわゆる定額減税だ。

 

加えて経済対策(日経1025日付)がある。

 

20231030_04

 

19人いる閣僚のうち11人が新人。どこかでボロが出る人が2~3人出て、解散に追い込まれない限り、明年9月の総裁選がらみの解散で勝利する確率が大きい。

 

最後に銘柄。それもひとつ。

 

  • 小野薬品工業(4528)

 

まず業績。オプシーボ(対胃ガン)、フォシーガ(対糖尿病薬だが慢性腎臓病向けにも)が大幅増。EPS23.3期220→266→258。

 

私がホレたのはPER。今期ベースで10.5→10.8。10倍台は安い。

もちろんご投資は自己責任で。

 

« 映画「ミステリと言う勿れ」とハマスのイスラエル攻撃のわが国にもたらす影響。上下動に関係なく利幅が狙える3銘柄 2023・10・22 (第1196回) | トップページ | 映画「おくりびと」とバイロン・ウィーン氏を悼む。改めて金への投資の有利性に注目。 2023・11・5 (第1198回) »