今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

週刊ボイスメッセージサービス『今井澂の相場ウラ読み』

広告


最近のコラム

時事総合研究所委託編集 コメントライナー

« 映画「フェイブルマンズ」と欧米の銀行の破綻。高値比半分になった小麦、そして今回の「ドカ」の行方 2023・3・19 (第1164回) | トップページ | 禅語「白馬蘆花に入る」とリーマン危機と今回の比較。そして8月下旬の「ドカ」 2023・4・2 (第1166回) »

2023年3月27日 (月)

映画「エブエブ」とジョージ・ソロスの「ウクライナ2」。そして中国の大苦境。「3月のドカ後の作戦」。 2023・3・26 (第1165回)

映画「エブエブ」とジョージ・ソロスの「ウクライナ2」。そして中国の大苦境。「3月のドカ後の作戦」。 2023・3・26 (第1165回)

 

今年度のアカデミー賞に「エブエブ」が作品賞、監督賞、主演女優賞など7冠の圧勝。「エブエブ」とは「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」の略。

 

20230327_01

 

私は自分の頭がオカシイのではないかと思って、実は、2回観た。映画好きの友に「実は全くわからなかった」と云ったら、「皆が、あんな凡作がどうしてアカデミー賞レースで圧勝したのか?と聞かれて困っている。」と。

それもそうだろう。どんな話?と聞かれて答えに窮する人が99.99%だろう。

タ刊フジによると、「説明不能の世紀の怪作」だそうだ。

 

誰もわからないが、答えが出るのを、世界中が待っている「Q」が3つある。

  1. ウクライナ侵攻の結末
  2. 中国の不動産バブルの最後
  3. そして2024年の米国大統領選挙の結果

 

①について、ジョージ・ソロス氏の最近の情報__

たとえばロシア傭兵グループと正規軍の間での内戦が起きていること__などを含め、いい情報を私にくれた。詳しい内容は次の通り。

 

昨年10月末まで、ウクライナは戦場で勝利していた。その後、ロシアはイランの助けを借りて、ドローンを大規模に導入した。その結果、民間人から電力、水を奪い、ウクライナは攻勢を控えているのが現状である。

 

現在のロシア正規軍は絶望的な状況にある。レベルの低い指揮官、不十分な装備、戦意はまったくない。

 

プーチン大統領はこれを認識し、賭けに出た。

傭兵のワーグナーグループと契約し、囚人の解放を許し、パクムットの町の周囲にロシア支配の領土を増やしはじめた。

 

ところで正規軍は何のメリットもなく、そこで官僚的な反撃を始めた。追加の囚人の採用は厳禁、ワーグナーの戦闘機にわざと間違った種類の弾薬を供給。当然ワーグナー傭兵軍の指導者プリゴジン対プーチンに訴えた。

 

プーチンは当初プリゴジンを助けようとしたが、最終的には正規軍を支持した。一種の内戦がここ数週間、行われている。

 

ウクライナ側はこの有利な状況で春の到来を待ち、レオパルド2戦車を受けたあと、〇月(ソロス氏はわざと省略)に大反撃が開始される。決定的に流れを変えるに違いない。

 

では、プーチン、習の会談は和平につながるのか。

 

プーチンは停戦を切望しているが、それを認めたくない。習近平も同じ状況にある。

 

バイデン大統領は、ゼレンスキーに交渉を背後で始めるとはしないと約束している。

 

従って、簡単に和平に飛びつくことはない。しかし私は、不要になった兵器を使い終わった米国は、案外近い内に休戦に入るかもしれない、と考える。

 

私の見方を付け加える。JPモルガンが200〜300億ドルの規模で、「ウクライナ再建ファンド」をローンチしようとしている。

 

またブラックロックはゼレンスキー大統領の個人資産の運用を開始した。さらに共和党支持者の42%は、もうそろそろウクライナ支援をやめろ、と言い始めている。

 

ふつうウォール街の作戦の成果は9ヶ月かもう少し後だ。

 

従って停戦又は休戦は本年末か、明年の年始か、と私は考える。

 

一方、習近平の方もいずれ爆発する大問題を抱えている。不動産バブルの破裂、である。

 

この件は、何回も述べているから、簡単に繰り返す。

バブル破裂で新規需要は激減。

資金繰りに困った業者や金融機関の破綻。

今後も人口減で見通しは暗い。

 

20230327_02

20230327_03

20230327_04

 

このストーリーを裏付けるチャートを、日本総研調べで掲載した。

 

最近日経新聞が、亜鉛の市場について「中国の住宅不況で4ヶ月ぶりの安値になった」と報じた。情勢は悪化している。

 

また、中国の外貨建て債務の膨張も問題である。BIS統計では、2.196兆ドル。

しかし私のヘッジファンドの友人たちは3兆ドルか4兆ドル、と言い出した。

 

この返済は不可能である。

 

BIS統計の2.296兆ドルの内わけを見ると、銀行貸出は8670億ドルで残りは債券。その平均マチェリティは3〜4年とされている。

 

4年とした場合、年6000億ドルの返済が必要になる。中国の経常黒字は年3000億ドルだから到底返済は無理。

 

そこへ不動産不況(GDPの29%を占める)が起きているので、借り換えを欧米勢は応じてくれない。

 

今後中国は、ゼロないしマイナス成長に落ち込む。どうするか。

 

ヘッジファンドの連中は「香港ドルが対米ドルペッグを離れるだろう」と言い出した。

 

著名エコノミストの中前忠さんも「ヘッジファンドの連中は中国人民元はアタックするのは難しいが、香港ドルなら」と言い出した、と云っておられる。

 

私は、これで脅かして、最終的にはウクライナ休戦に持ち込む。

 

時期は秋か。年末か。どちらにしても、香港経由で中国は対外債務の返済を行っているので、香港ドルが暴落しはじめたら、要注意。

 

7、8月ごろに発生して、これが休戦協定を起こす決め手になる、と想定している。

 

従って、3月暴落は予想通りだったが、勝負は4〜6月のうちにせよ、ということになる。

 

短期決戦、です。これを決意しなくてはいけない。

 

ブル2倍のETFか、商社株(ウクライナ復興関連)がいい。

ただ投資リスクはご自身がおとりになること。

以上です。では皆さん、グッドラック!

 

 

 

« 映画「フェイブルマンズ」と欧米の銀行の破綻。高値比半分になった小麦、そして今回の「ドカ」の行方 2023・3・19 (第1164回) | トップページ | 禅語「白馬蘆花に入る」とリーマン危機と今回の比較。そして8月下旬の「ドカ」 2023・4・2 (第1166回) »