今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

週刊ボイスメッセージサービス『今井澂の相場ウラ読み』

広告


最近のコラム

時事総合研究所委託編集 コメントライナー

« 映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」と信頼するベテラン二人のN Yダウ平均とNASDAQ、日経平均の底値予想。そして私の強気 2022・1・30 (第1100回) | トップページ | 映画「第三の男」と不死鳥のようなトランプ氏の再選。そして安倍さんの復活 2022/02/13 (第1102回) »

2022年2月 7日 (月)

リスト交響詩「レ・プレリュード」と転機を迎えた金への投資。目標値はオンス2300ドル台。 2022/2/6 (第1101回)

リスト交響詩「レ・プレリュード」と転機を迎えた金への投資。目標値はオンス2300ドル台。 2022/2/6 (第1101回)

 

ピアノの超絶名人として知られるリスト(1811~1886)は「交響詩」という分野の創始者。

「交響詩」とは曲をつけられた題を道しるべとして、文学的な内容を表現しようとする標題音楽である。ベートーヴェンの田園交響曲やベルリオーズの幻想交響曲が代表的な例。

 

「レ・プレリュード」は「前奏曲」という意味で、フランスの詩人ラマルティーヌの詩に基づいている。

4部構成で ①春の気分と愛 ②人生の嵐 ③平和 ④戦いと勝利。

テーマは「人間の一生は、死という未知の歌への一連の前奏曲である。」

 

今回私がブログに「金」への投資を取り上げた理由は、一回、相場の有為転変を終えた金への投資が、再び生命を与えられたように考えたからだ。

つまり新しい上昇相場がはじまったということだ。

 

まず順序として、前回の相場を述べよう。

 

①1オンス100ドル近辺から19801875ドルへの「春」の時代。

19998月の252ドルまで下落した「嵐」の時代。

20119月の1920ドルまで上昇した「平和」の時代。

そして④が今年4月のオンス1700ドル台までの下落した時期。

 

 再生を示す重要なシンボルは、20208月のウォーレン・バフェット氏の「金鉱株買い」である。

 

 対象は世界第2位の産金会社バリック・ゴールドで、発行株式の1.2%、2090万株を取得した。金市場の上昇相場入りを読んでの買いである。

 

 次いで金の需要が8年半ぶりの高水準に達した。

 

 ワールド・ゴールド・カウンシルが128日に発表した昨年1012月期の金需要は1146.8トン。これは20194〜6月期以来で最大規模である。

 

 コロナショックで20201012月期に768.3トンまで落ち込んだが、その後ジリ高となった。

 国別に見るとインドが93.0%増の265.0トン。中国が24.0%増の177.6トン。

 

 一方、投資需要は300.2トンで2倍に増加した。地金・コインが18.0%増の317.8トン。市場の重石となっていた金ETFの売りが17.6トンの売り越しだったが、前年同期の131.2トンを越えていた昨年とは様変りの状況だ。

 

 年間ベースでは金ETFの売りが2020年に874.0トン、2021年が173.3トンの売り越しに止まった。上半期の129.2トンの売り越しだったが、下半期では44.1トン。

 金がインフレヘッジとして見直される気運なのに加え、NASDAQの下落で株価にブレーキがかかったので、自動的に金への選好度が高まつている。

 暗号資産の下落も手助けとなっている。

 

 では今後の目標値はどうか。

 先週も引用した世界的に定評のある若林栄四さんは、「2023年第4.4半期のターゲットとして2375ドル」を「?」つきながら昨年129日のセミナーに、資料として掲げている。ご参考までに。

« 映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」と信頼するベテラン二人のN Yダウ平均とNASDAQ、日経平均の底値予想。そして私の強気 2022・1・30 (第1100回) | トップページ | 映画「第三の男」と不死鳥のようなトランプ氏の再選。そして安倍さんの復活 2022/02/13 (第1102回) »