今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

週刊ボイスメッセージサービス『今井澂の相場ウラ読み』

広告


時事総合研究所委託編集 コメントライナー

« 映画「素晴らしき哉、人生!」と金融市場でのリーマンを思わせる異変(第981回)2019・9・23 | トップページ | 緊急版「まだまだ続くお愉しみ」 遂に来たドカン!底値は?どうするか?銘柄は? 2019・10・3(第983回) »

2019年9月30日 (月)

映画「記憶にございません!」と近く発生する株価急落の材料2019・9・29(第983回)

映画「記憶にございません!」と近く発生する株価急落の材料2019・9・29(第983回)

 

 三谷幸喜監督の最新作で、大ヒット中。主人公は悪徳政治家の主将黒田

 (中井貴一)。あまりの非道で支持率20%だが、なお地位にしがみついている。ついに投石され、その一つが頭に命中、全く記憶を失ってしまう。このことはごく少数のものしか知らず、政治のド素人が首相としての毎日を送る。

 

 一方、愛想を尽かせた夫人は夫の元から逃げ出し、欧州に行く準備を進め、まだ首相のハンサムな秘書(ディーン・フジオカ)ともデキている。首相の方は野党第三党の女性党首(吉田羊)とクサい仲。お色気シーンはないが、この色がらみが映画の終局につながってくる。

 

 石ころひとつで、昔はともかく近い過去をすべての記憶を喪失した主人公と同じに、株式市場ではNYも東京も、このまま戻り高値に進めばいいが、寸前でUターンすればやはりドカンになる。ほんの少しの材料で。

 

 もちろん、私はそのドカンの後はカンカンの強気。詳しくは後述いたします。

では、そうしたテールリスクはあるが、もちろん!すぐに私の頭の中をよぎったリスクを列挙してみよう。

  • NY市場での最近の異変。まず逆イールド、次にレポ金利の急騰とこれに伴うコマーシャルペーパ市場の発行量急減などなど。すべてリーマン前にもあった現象。誰もが考えるのは、FRBが金利引き下げという弾ガンを打ち尽くした後の状況だ。やはり財政出動、財源は超長期債になることも目に見えている。
  • EUでもECB新総裁のクリステイーヌ・ラガルド女史が「越権行為であっても危機脱出に必要ならば(これまでもそうだが)あらゆる政策を発動する」と述べた。中心のドイツ経済は46月期GDPがマイナス成長しかも79月期もマイナスと予測されている。まさに危機が切迫しているという認識だ。恐らくドイツ経済の危機にプラスして、ドイツ銀行の処理も入るかも。
  • 中国では逆に、危機への認識が誤っていることが問題だろう。「持久戦」(毛沢東著)を大々的に配布したのがその証拠だ。トランプ旋風が一時的と考えるのが誤りなのは誰の目にも明らかなのに。ペンス演説にある通り、中国の国家情報法に乗って、たとえばファーウエィは情報を中国政府に提供しなければならない。この法律を改正する気がなければ、米中覇権戦争は止まない。
  • 新興国にも問題が多い。ドル建ての借り入れが多いのが共通しており、ドル価値の上昇は負担が重い。特に輸出が急減している韓国(1月から9月中旬までの前年同期比マイナス22%)は、すでに外貨準備に不安がある。

また香港は101日の中国の建国70周年を過ぎると、デモ制裁が激しく行われ、第二の天安門事件の可能性がある。もちろん人命が失われると、香港への金融制裁が行われる。中国の金融取引の67割は香港経由だから、中国の経済破綻につながる。

  • 中東でも、先日のドローン攻撃が再現されるリスク、またサウジ皇太子の失脚などドカンの材料は十分にある。原油価格の上昇が発生すれば打撃が大きい。

 

さて、これだけドカンの材料の候補を挙げたが、みながみな、中期的。来週とか来月という時点の予想とは結び付かない。

 

 下げ相場については、私が一目も二目も置いているテクニカルアナリスト伊東秀広さんは「急変が近い」と警告を始めた。NYダウも目先平均も波動で見て105日の週から下がるという内容。

 

 しばしばこのブログに登場していただいている箱田啓一さんは、最新のレポートで「1034日がピークで、1024日が底値(買い場)になる」と明確に予測しておられる。

 

 

その後は?もう一度揺り戻しというかダメ押しはあり得るが、私は積極財政政策採用を条件に、3万円への挑戦が始まると観ています。私は基本的にはカンカンの強気です。

 

 映画の終盤、政敵が記憶喪失の事実を嗅ぎつけ、閣僚の写真を見せて、姓名と役職を言えと迫る。意外なことに主人公はピタリと回答。秘書が後で聞くと、実は記憶が戻っていた。

 

 私もこれと同じ。カンカンの強気は変わらないが、10月の下げを前提としているので、この下げが完了したら、主人公じゃないけど、元の強気の私に戻ります。どうぞご心配なく。

 

 ただひとつの心配はリチャード・クーさんが言う。「on-again off-again」つまりちょっと1年位、財投で予算増加をしてすぐやめてしまうのが一番ダメ。

 

麻生副首相のフトコロ刀として知られる或る元高官に、この不安を聞いたら「あの方は元々積極財政論者です」との返事だった。まあ老婆心はやめておこうかな。

« 映画「素晴らしき哉、人生!」と金融市場でのリーマンを思わせる異変(第981回)2019・9・23 | トップページ | 緊急版「まだまだ続くお愉しみ」 遂に来たドカン!底値は?どうするか?銘柄は? 2019・10・3(第983回) »