今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

週刊ボイスメッセージサービス『今井澂の相場ウラ読み』

広告


« 「般若心経」と18日の習近平講話と米国の対中隔離政策(第938回)2018・12・16 | トップページ | 映画「アリー/スター誕生」と2019年の日米株式市場の動向 (第940回)2019・1・6 »

2018年12月25日 (火)

大河ドラマ「西郷どん」とこの急落相場の反転時期(第939回)2018・12・24

 大河ドラマ「西郷どん」とこの急落相場の反転時期(第939回)2018・12・24

 ついに城山で西郷隆盛が死に、大河ドラマは終わった。私としては珍しく録画も使って全部観た。主役の鈴木亮平が適役だったし、島流しの時の妻の愛佳那を演じた二階堂ふみは私のごひいき。何よりも西郷ご本人の、僧月照との入水事件以来、西南戦争に至る「緩慢なる自殺」志向が、演出で画面に出ていたのが面白かった。

 

「西郷という人物がいなければ今の日本の姿はない」(磯田道史「素顔の西郷隆盛」)。

 

 たしかにそうかも。私は勝海舟がいたから今の日本があると思っているが、

まあ母方の先祖が旗本だったから、身びいきがあるかも知れない。

 

 西郷は島津斎彬という名君に見いだされ、その主君の死後も尊敬し続け、弟の久光を「地ゴロ」(田舎者)」呼ばわりして沖永良部島に遠島になるほどだった。右顧左眄しない強さを持っていた。

 

 来年の見通しを立てる時期に入ったが、私は大反省している。何しろ201813日刊行の拙著「日経平均3万円 だから日本株は高騰する!」を出版したのだから。私は「曲り屋」だ。

 

 理由はある。その前の年の2017102日から1024日まで、日経平均株価は16連騰を記録した、とか。史上空前の連騰である。また21000円には大きなカベがあり、これを抜いた、とか。超強気になるそれだけの理由があった。

 

 いまとなっては言い訳でしかない。

 

 しかし、2018104日のペンス米国副大統領の「対中覇権戦争の開戦宣言」以来、時代が変わってしまった。ま、言い訳にもならないか。

 

 5月だったらしいが、中国人民軍が米国をカンカンに怒らせた事件があった。

 米国が誇る11隻の空母。これが仮に無力化されたら、覇権なんて夢のまた夢。これが119機のドローンで特攻攻撃を行う模擬戦争を中国人民軍が、実験して見せた。これで中国は米国の虎の尾を踏んでしまった。しかも完全に米国の技術を泥棒チップで盗んで、堂々と成果を誇示した。

 

 米軍はその前に110機での実験は成功していたらしいが、わざわざ119機でやってのけた。なぜ?911の逆でしょ。これで米国中がアタマに来た、と私のワシントンのソース。

 

 「曲り屋」が予想をブログに書いても信じてもらえないだろうから、当たっているテクニカルアナリストの、すぐに判断できる見方をご紹介しよう。

 

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ・テクニカルアナリストの宮田直彦さんが21日に私に送ってくれたメモをご紹介しよう。

 ごく簡単に。

 日経平均は歴史的底値圏。21日の日中の日経平均PERは113倍以下。これはTOPIXが大底をつけた201264月日の1059倍に近い。

 この20126月のTOPIXは692で、宮田さんのエリオット波動の見方では強気相場の起点。この波動説に従えば「TOPIXの年末値が1450を明確に下回らなければ、いよいよ「サード・オブ・サード」と呼ばれる上昇相場に入る」。

そして「悲観の中で強気相場は生まれ「2019年は新たな強気相場元年か」と。

 

 それではTOPIXが1450を下回り続けたら?それでも.「少なくとも当面の底入れは接近しているとみられる」と。

 

 そして宮田さんが「元号が改まる19年は新たな強気相場の元年として大いに期待される」とした。私も期待したい。

 

 西郷さんが西南戦争の時も自分で書きうつして作った「言志禄(佐藤一斉)」を持ち歩いていたそうな。その中の言葉を現代語訳で。

 

 「人の一生は順調に進むばかりではない。むしろ、うまくいかないことが多く、苦難の道を進むことの方が多いかもしれない。しかしうまくいかないときでも、志や学びの心を忘れず、常に学び続けることで、やがて道は開ける。」

 

 ついでに。金融データソリューションズ代表取締役の箱田啓一さんは「クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーが底値の“潮目”」と予想している。目先は1225日が底値で「上昇トレンドの起点の日は221日が“濃厚”。これを4月に入って確認」とも。今週は25日に反転があるか、また年末大納会にTOPIX1450を割るか、ガン張るかに注目しよう。

« 「般若心経」と18日の習近平講話と米国の対中隔離政策(第938回)2018・12・16 | トップページ | 映画「アリー/スター誕生」と2019年の日米株式市場の動向 (第940回)2019・1・6 »