今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「春の珍事」と米朝会談の行方とトランプ氏サミット中途退席のワケ (第912回) | トップページ | 映画「空飛ぶタイヤ」と私のある大発見(第914回) »

2018年6月18日 (月)

映画「終わった人」と骨太の方針の読み方と私の大きな夢(第913回)

映画「終わった人」と骨太の方針の読み方と私の大きな夢(第913回)2018・6・17

 舘ひろし主演でとても評判がいい。「定年って生前葬だな」とか「夢なし、趣味なし、仕事なし、そして我が家に居場所なし!!」という予告編に誘われてみたが、周囲は中高年のご夫婦連れでいっぱい。大いに笑える上出来なコメディで面白かった。

 

 東大法学部卒で大手銀行のエリートだった主人公壮介(舘ひろし)は、同期のライバルに負けて出世コースから外れ、子会社に出向させられてしまう。そのまま銀行に戻ることもなく、63歳の定年を迎えてしまった。退職して翌日から、時間を持て余してしまう。

 

 公園、図書館、スポーツジムなど、主人公は立ち寄って、そこが780代の老人ばかりでイヤ気がさしてしまう。グチをこぼしてしまい美容師として忙しく働く妻(黒木瞳)から次第に距離を置かれる。職探しを始めると超高学歴、高職歴が災いしてダメ。

 

 そこに新興IT企業から「顧問」になってほしいと誘われ、就任。順風満帆に見えたのだが思いもよらない災難が待っていた。

 

 この611日からの1週間は大変なイベントばかりだった。米FRB、欧ECB、日銀の三大中銀の金融政策、12日の米朝首脳会談、米中の貿易摩擦、その前にG7の激論とトランプ大統領の中途退席、さらにはアルゼンチンの通貨不安、国内ではこれらの巨大ニュースに紛れて注目されなかったが、政府は「骨太の方針」を発表している。

 

 一つ一つコメントする気はもともとない。米朝会談は「政治ショー」だったし、数少ない日本にとってのメリットは拉致問題と安倍さんの金正恩との会談がイケそうなこと、かな。

 

15日に発表された「骨太の方針」はもっと注目されていい、と私は思う。

特に①外国人労働者の積極導入と②財政の弾力化を取り上げてみよう。

 

昨年末の外国人労働者の数は1279000人、労働力人口の4%ぐらいだが、「年20万人から25万人」ふやし2025年には315万人、労働力人口の67%となる。

 それでも団塊の世代が続々70台に入るので年間40万人減少してゆく。20万やそこらじゃあ全体としての労働力は減少。これにAIの効果があるので、私のこの材料に対する直感は、いわゆる「口入れ屋」。人材の紹介会社はますますいい、ということだ。

 

もうひとつの「財政の弾力化」は2020年のプライマリーバランス黒字化目標を2025年に延ばした。同時に消費税を10%に引き上げることも骨太の方針に明記している。

 「消費税」は安倍さんにはイヤな思い出しかあるまい。平成26年の消費税8%への増税は駆け込み需要の反動減が27年度に3兆円。日本経済の停滞を招いた。

 

そこで昨年6月に首相が2度目の増税延期を決断する前、財務省は消費税2%分に当たる5兆円の景気刺激策が持ち込まれたが、それでも首相はOKしなかった。

 

私は2019年秋ごろには①米国景気の景気先行き不安②欧ECBの利上げ予想③中国のますますの景気減速、があるし、2020年にはオリンピック以後の景気に不安がある。10%への増税をやるべきでないと思う。それでも老齢化対策で増税が必要なら、利息ゼロの永久債を日銀と政府の協定を結んで発行、年間11兆円の利払い費の不要分を「財源」にしたらいい。こう考える。防衛費も増えるし、国土強靭化政策も、もつと具体化するべきだ。インフラ整備が中心。建設大手がいい。

 

 幸い、自民党総裁選が9月にある。細田派の96人24%、麻生派は60人15%、二階派44人11%。これに対し石破派20人5%、岸田派47人11%だから、無派閥73人18%が反旗を翻しても安倍さん三選は固い。

 

 石破さんも岸田さんも財政再建派だし、経済重視とはみられていない。だから外国人投資家は内閣支持率が下がると、日本株の比重を下げている。安倍さんの三選が確定的と見られれば、ヘッジファンドが買い始める。外人マネジャーに聞くと「年末までに日経平均24500円」というのが大勢だ。

 

 今回、私が特に大注目しているニュースと銘柄をご紹介する。ペプチドリーム(4587)だ。

 

なぜか。「特殊ペプチド医薬品」の原薬を製造販売する「ペプチスター」の本社工場の建設ガ始まった。この市場は同社によると「50兆円、そのうちの原薬市場の8割4兆円の売上高を目指す」としている。このぺプチスターはペプチドリームと塩野義、積水化学、産業革新機構、三菱商事などオールジャパン体制で10数社が出資し、計200億円の資金でスタートした。来年9月の稼働を予定している。

 

 特殊ペプチド医薬品は次世代医薬品として知られる。天然のアミノ酸に特殊なアミノ酸を人工的に組み込み、さらに環状構造を持たせた特殊環状ペプチドを多様に発生させることができる。これを大量生産する技術をペプチスターは成功し、特許を取得した。同社社長は「10年後、20年後にはこの国の基幹産業に位置づけられるようにしたい」と述べた。(サンケイビズ、614日)。

 

 私の寿命は10年持たないだろうが、この夢は素晴らしいと思う。もちろん海洋開発も私の希望だが、これも加えたい。超長期投資を前提に投資も。

 

 映画の主題歌は布袋寅泰氏の作詞、作曲で今井美樹が歌っている。「あなたはあなたのままでいい」。いい歌だ。ごく一部をー。

 「この先 残る日々は、満ちる夕日 砂時計のように愛をひと粒づつすくいながら 明日を待つの」。わたくしも明るい明日を待つことにしよう。



講演会を開催します。
「黄金株2018セミナー」6月24日(日)13時から16時
場所:ガーデンシティーPremium京橋(東京)
講師は私と三菱UFJモルガンスタンレー証券チーフ・テクニカルアナリスト宮田直彦
氏
お問い合わせ、お申し込みはhttp://frstp.jp/gs180624

6月14日までの早期特別割引は終了いたしました。
残席が少なくなっておりますので、お早めにお申し込みください。
ビデオ受講も可能です。
ご多忙のこととは存じますが、どうぞ奮ってご参加ください。




« 映画「春の珍事」と米朝会談の行方とトランプ氏サミット中途退席のワケ (第912回) | トップページ | 映画「空飛ぶタイヤ」と私のある大発見(第914回) »