今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月26日 (月)

映画「ブラックパンサー」と森友と安倍政権(第902回) 

映画「ブラックパンサー」と森友と安倍政権(第902回) 2018・3・26

 米マーベル・スタジオの新作で2月に米国で公開されて爆発的なヒット、興行収入は12億ドル。先日のアカデミー賞授賞式でも司会者が「この瞬間でもブラックパンサーはメチャお客を集めている」と言っていた。

 同スタジオで初めての黒人が主人公の映画で、監督も主演も黒人、しかも舞台は貧しいアフリカだが、架空の国ロガンダは巨大隕石を利用して豊かな生活。搾取され内乱ばかりしている現実と違う。主人公はこの国の王であり、国を守る「ブラックパンサー」でもある。アメコミの主人公としては型破り、といえるだろう。派手なアクションは他作品と同じだが。

 

実は女性監督、女性主演で「ワンダーウーマン」が大ヒット。「シェイプ・オブ・ウォーター」も女性主演。女性とマイノリティ重視がハリウッドの新潮流だ。映画そのものは、まあ、いつものアメコミ・アクション。

 

23日は大変な一日だった。岩盤底、と見られていた2万900~1000円の底を簡単に破ったし、1ドル105円の壁も同様。相場の大前提がブッこわれたような、一見、印象を与える。前日のNYも724ドル安だったし、NASDAQも178ポイント下落した。

 

 何せ期末で日本の機関投資家は手が出ない。個人の方は籠池聴聞や27日の佐川証人喚問で、マスコミのバカ騒ぎも手伝って買いを手控える。外国、とくにヘッジファンドの売りは大した量じゃなかったが、吸収できずに1時1000円安と相成った。底値で大幅下げ、はよくあること。典型的な彼岸底形成パターンだ。今週から株価は極めて高い確率で中長期反発、円安に入るだろう。もちろん、おっかなびっくりだからスタートは一進一退だろうが。

 

 貿易戦争騒ぎは、実は日本は大丈夫だ。先日ペンス副大統領が平昌五輪で来日した時、関税問題を持ち出したら、日本製品には米国でどうしても必要なものが多いから、品目交渉で

影響ないようにすると言って笑ったとか。

 

 森友問題。野党は安倍さんに9月の自民党総裁選不出馬か、少なくとも麻生財政相辞任を狙って、昭恵さんを証人に呼びたくて仕方がないらしい。

 

 結論。身体がよほど悪くなければ安倍三選だろう。キーマンは二階幹事長だが、人づてに聞くと「自民党の支持率はむしろいい。要は内閣支持率が8月に上昇していればいいんだろう」という見方らしい。自民党長老たちは少々腰が引けているようだが。

 

 たしかに昨年10月22日の総選挙時の自民党の比例区得票率は33・3%、3月のNHK調査では36・3%。野党は減らしているところがほとんどだ。(立憲民主党19・9→10・2、希望17・4→0・6%。)

 

 4月中旬にはトランプ大統領と日米首脳会談をやるし、外交で支持率をあげられる。12月の沖縄、来年4月の統一地方選、参院選をやる前に、「北」の展開次第だが拉致問題で打点を稼ぐ手がある。

 

そんなに「北」を楽観視していいのか?という声がありそうだ。私はいずれ詳しく書くが、金正恩は「核放棄を条件に、現体制維持」という条件付き降伏した、という一般的でない見方をしているから。現に寧辺の黒鉛炉は停止した。

 

 話を相場・円レートに戻す。日本株8兆円を売却した外国人。6兆円は先物だから、いずれ買い戻さなくてはならない。株安は企業経営者にとって自社株買いのチャンス。円レートの方は、あと年内3回もある利上げはやはりドル高の材料だし、原油価格も円安。

 じゃあ3月23日の騒ぎは何だったの?と聞かれそうだし、テクニカル・アナリストに怒られそうだが、「ダマシ」じゃないかなあ。

 

 映画のセリフから。主人公は演説する「対立は話し合いで解決すべきだ。対立点より共通点の方が多いから。私の国で昔から言っているが『賢者は橋を作り、愚者は壁を建設する』。この映画は相当なトランプ嫌いが作っているらしい。

2018年3月19日 (月)

映画「北の桜守」と米関税引き上げと米朝首脳会談と日本(第901回)

映画「北の桜守」と米関税引き上げと米朝首脳会談と日本(第901回)2018・3・18

 吉永小百合120本目の作品でしかも「北の三部作の最後」というので注目されているが、私の妻が見たいというので観た。サユリストに申し訳ないが、30台を演じるのはやっぱりムリ。映画そのものの出来がイマイチ。「おくりびと」の滝田洋二郎監督らしくないなあ。

 

北海道を舞台に戦中と戦後を生き抜いた母子の物語で、戦争の暴力を表すのに劇中劇という形をとった。夫はソ連につかまり長男は乗った船が撃沈された折に死亡、次男と主人公は網走で貧しく苦しい生活を必死に暮らす。次男は1971年アメリカで成功し、ホットドッグ店の社長として帰国、母が認知症にかかっていることを知る。二人で北海道各地を巡り、共に過ごした記憶をたどってゆく。

 

 私もこの8月で83になるので、記憶力はとても気になる。幸い細かい数字まで明確に覚えているので、まだ大丈夫だが、ある人からこれは二者択一で、記憶が万全でなければ「ボケるが勝ち」とやらで、コーコツ化した方がご本人は幸せ、と聞いた。まあ勝ち組と負け組、と言ってもいいのかも。

 

 今回のトランプ大統領の鉄鋼、アルミ輸入関税引き上げと対北朝鮮トップ会談という、共に攻撃的な政策は、日本にとり以外に有利な結果をもたらす可能性に私は注目している。

 

 第一に関税。米国の鉄鋼業界は200年比で生産設備は55%減少し雇用も55%ダウン。稼働率が低下し、2009年以降損失が続いている。

 アルミも輸入品シェアは90%を超え、稼働率は43%、雇用も58%減少。ともに需要は増えているにもかかわらず、「負け組」になっている。

 

 稼働率を鉄・アルミとも80%にするため、商務省ではシンクタンクに依頼、その結果25%と10%という案が採択された。これ以上両産業を苦境に追い込めない、という決断だ。これは商務省がトランプ政権発足直後からほかの保護主義案件とともに調査が始められ、1年かかって具体案が出た、ということらしい。

 

 リチャード・クーさんは①関税引き上げの米国経済への影響は小さい②トランプによってようやく負け組の声が政策に反映される③現政権の前でも輸入関税引き上げや数量規制は何度も導入されてきた④貿易戦争につながるリスクはあるが、一方、自由貿易体制が公正であるかといえばそうではない、として⑤対米貿易相手国は数量調整か価格調整の二者択一を迫られる、と結論付けている。(「マンデー・ミーティング・メモ」2018・3・12)

 

 私は新日鐵住金がシームレス・パイプの価格を10%引き上げたことに注目している。シェールガスの掘削には日本製でなければ、と私は米国の採掘現場で聞いた。どうしてもかなわないそうだ。同社が特殊鋼のメーカーを買収して、今後の情勢変化にそなえ始めたのを心強く思う。

 

 一方、米朝首脳会談だ。「これまでの米国政権が二十数年間全く成果が上がらなかったのかから別の方法を推進するのは当然」とこれまた外交でもトランプ色。関税でゲイリー・コーンNEC委員長、「北」ではティラーソン国務長官を斬って、自分の政策を推進しようとしている。

 

 米国と「北」の接近と関税で一番警戒しているのは中国だ。これまでは「北」を抑え込む唯一の存在として、米日に自分の地位を売り込んでいた。日本が尖閣、米国は台湾で中国に対し強く出られなかった。ところが米朝が接近すると、日本も米国も南シナ海で強硬姿勢をとれる。現に台湾渡航を自由化した。

 

 国としては、依然として大陸間ミサイルの開発停止だけで日本が置き去りにされるリスクは残るが、うまくいった場合は、つまり核廃棄になれば平和がある。私はもちろん警戒姿勢をとるべき、と考えているがー。

 

 何しろ年初から現物、先物で8兆円も外国人投資家は日本株を売り越した。日本への「北」の不安と安定政権が揺らぐ懸念がダブルとなっているが、ともに解決と考えられる状況が来れば、買いに転じる。

 

 私は森友の方はいずれおさまるとみているが、米朝会談の方は皆目、見当もつかない。安倍政権安定とみれば先物の6兆円は必ず買い戻す。4,5月に意外高、とみる理由だ。

 

 映画の中で歌われる「花、たけなわの時」という小椋佳さんの作詞、作曲の歌の2番。「あらがえぬ運命を受けて、桜の花びらは 風に乗り 色あせぬままに飛ぶ」。いい曲で劇中の舞台で歌われる。このエンディングは良かった。今回の私はこの歌の通りの心境だ。

2018年3月12日 (月)

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」と安倍首相の内憂外患と株・円レート(第900回)

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」と安倍首相の内憂外患と株・円レート(第900回)2018・3・11


今年度アカデミー賞の最優秀作品賞、監督賞などを獲得した秀作。ギレルモ・デル・トロ監督の作品でも一番いい。

 

 1962年の米国ボルチモア。冷戦時代の秘密研究所で働く、口の利けないまあ不美人の掃除婦イライザが主人公。ひそかに運び込まれた半魚人の姿を見て心を奪われる。孤独な主人公はアマゾンで神のように崇められていた“彼”に密かに会いにゆき、手話や音楽、ダンスなどで心を通い合う。しかし研究所の軍人ストリックランドは、半魚人を虐待し、実験で殺そうとする。これを知ったイライザは、同僚の黒人掃除婦と隣人の同性愛者の画家と協力して救出しようとする。三人の社会からはみ出したアウトサイダーが、緻密で大胆な作戦を実行するが、ここは見せ場だ。

 

 今や世界中からツマはじきされている「北」の独裁者金正恩が、米国大統領と史上初めて会談しようとしている。

 

これが緻密な「北」の作戦であることは、見え見えだと思う。米国側のタフ・ネゴシネーターだったジョセフ・ユン北朝鮮担当者特別代表が辞任した直後に、北の行動が開始された。

 

ホワイトハウス内の混乱、スタンドプレーで人気をとることしか考えない文韓国大統領を見事に乗せて、見事に米朝会談にこぎつけた。

 

「非核化の意志」だって?とんでもない!

 

米ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮監視サイト「38ノース」は3月5日、北朝鮮の寧辺にある黒鉛炉から蒸気が立ち上がっているのを衛星写真で確認している。

 また「朝鮮半島の非核化」であることは、報道側も、もっと注意してほしい。韓国に米軍の核兵器の排除を含んでいる。まあ核武装は北朝鮮の憲法に明記されているし、国民を犠牲にして膨大な資金をつぎ込んで開発した核の放棄は、どう考えてもあり得ないと思う。

 

「北」は韓国には決して核攻撃しないと再三表明している。また米国にも、届くミサイルがないんだから残るのは日本だけ。この最悪のケースが「日本だけが北の核の脅威に6月以降もさらされる」(米有力シンクタンク)ことになる。

 

 また、韓国の情報・安全保障高官が金正恩と会談して以降の1週間に、米国の一流シンクタンクにはホワイトハウスから「トランプ大統領が金正恩と直接会談する場合のメリットとリスクの分析をしてほしい」との依頼が相次いでいたと聞いている。もちろん回答は懐疑的だったが、米国が日本を放置して「北」のワナにはまる不安は強い。私が「国難」と懸念する理由だ。

 

 こうした「外患」に加えて「内憂」がある。森友問題で佐川国税庁長官の辞任ではどうも済みそうにない。近畿財務局の課長補佐の自殺も、またトカゲのシッポ切りか、ではおわるかどうか。麻生太郎副総理への追及もありうる。

 あるベテランジャーナリストは結局、漁夫の利を得るのは岸田さんかなあ」と安倍辞任までほのめかした。朝日新聞のしつこさを考えるとこの方も「国難」に違いない。

 

 さて、株式市場と円レートに、この内憂外患はどう影響するか。やはり「北」のプラン通りに行かないケースも想定しなくてはなるまい。金正恩は首脳会談の事前の準備交渉を避けており、一方、制裁で北朝鮮が国としてニッチもサッチもいかなくなっている。米国側はそこが付け目なことは熟知している。モメること必至だ。うまく行かれたら「国難」だから、私は、私はダメな方を希望するが。では戦争?これまた困る。こちらも「国難」だ。

 

もともと準備交渉開始時期はパラリンピック終了後だったらしい。それが5月にズレ込んだのは、この間に核兵器小型化を完了してしまうリスクが高まると、外国機関投資家は懸念している。

 

このところ、円の先物取引で円買いが増加し、株式市場でも外国人の売りが多い。もう少し情報が入ってくるまで、対日投資作戦は円買い株売りとみられる。ただ私は3月ぐらいでこの作戦は失敗すると考えている。株価は2万1000円近辺で2回も底を入れてまあ岩盤だし、円レートの方もよほどの事件がなければ105円で止まりそう。要するに幅が少なすぎてもうからないから、ヘッジファンドの多数派はやらない。いや、やれないだろう。結論。安倍首相が地位を保てれば私の日本株強気は変わらない。

 

映画のセリフから。物語の初めのナレーションでいう。「言葉を持たないプリンセスの物語をどう伝えるべきか!」「そしてすべてを壊そうとしたモンスターについて」。誰が「モンスター」なのか。ご想像に任せる。デル・トロ監督はこの映画の構想を「つらい時代のためのおとぎ話」とした。

2018年3月 5日 (月)

映画「15時17分、パリ行き」とウォール街の複合危機(第899回)

映画「15時17分、パリ行き」とウォール街の複合危機(第899回)2018・3・4

 87歳のクリント・イーストウッド監督の最新作。2015年8月、アムステルダム発パリ行きの高速列車で、銃による大量殺戮テロを始めようとした男を、米国人三人が立ち向かい阻止した。その実話を実際に阻止した本人たちに自分の役で演技させて映画にした。

 

 幼い時から友人同士の三人の堅い友情を生ませた米国の少年期教育のいい加減さ、教師の責任逃れが画かれる。一方イスラム系テロリストの方は「完全な異物」。監督はハリウッド人としては珍しくトランプ大統領擁護派だから、いかにもクリント・イーストウッド「らしい」。生半可にイスラム系が生まれ育ってきた社会環境を画いて、ある程度共感を生む「オバマ流」の作品じゃない。小品だが面白かった。

 

NY株安が続いている。日本株の方はヘッジファンドの売りと日本の個人の信用売りで、まあ、「お付き合い」安。私はNYの方はワシントンの政治不信、不安と混乱に加えて長期金利上昇による「複合下落」だが、東京の方は①長期好況②政治安定③企業収益の上昇それに④PERなどからみて割安、だから大丈夫、下値は2万1000円前後、と申し上げてきた。長期投資型の外国人機関投資家は買ってきているし、その中心は昨年10月の16日連騰の時の主役と聞いている。

 

 ある会合で、米国の強みを強調した方に私は「米国は政治がダメ」で、トランプ政権の頼みの綱の株価の動揺を軽視してはならない、と主張した。

 

 政権内部の混乱は①鉄鋼とアルミへの輸入関税をブチ上げ②学校の先生に銃を持たせろ、と言ったり次には銃規制の傾斜、という、例によっての大統領の異常な個性ぶり。加えてクシュナーへの「機密クリアランス阻止」や広報部長ヒックス辞任、マクマスター辞任「説」-。きりがない。

 

 特に広報部長は①ジェイソン・ミラー(就任辞退)②スパイサー報道官兼任・タブキ3月就任5月辞任③スカルムッチ(10日間で解雇)となんとも目まぐるしい推移を経ている因縁ポスト。この政権の持つ「公私混同」「情報リーク」「大統領自身のランダムな、というが現実にはメチャメチャなツィッター」という問題点の結果、かつての忠臣が簡単にクビを切られてしまう。ガタガタになっている背景だ。

 

 冷泉彰彦さんは「それでも政権が保っているのは、民主党が次のリーダーシップを発見できない」という「敵失」のおかげ、と言っている。このメリット、いつまで保つか。

 

 長期金利については、もう方々で検討されているし、貿易戦争説と「出口論議」が新顔だが一枚加わった。

 

 私は85年の「プラザ合意」の時のように、米国の双子の赤字が今の好況の次に来るのでは、と懸念している。当時のジム・ベーカー財務長官が4か国の蔵相をNYのプラザホテルに呼び、財政と貿易の双子を減らすため、ドル下落をいわば強制した。米国はその後5年間で輸出は倍増。

 

 円レートの方は240円近辺から1年後に100円まで円高、公定歩合は5%から2・5%へ4度も引き下げられ、あのバブル景気と超円株高を呼んだ。

 

今のトランプ政権の10年間で1兆5000億ドルの大型減税は歳出増と巨額の財政赤字を生み、1兆ドルの国債発行で補おうとしている。加えて10年間で1兆7000億ドルのインフラ投資を計画している。長期金利を上昇させる要因ばかりで、過熱寸前の米経済に油を注いでいる。

 

 経済が過熱し、保護貿易政策があっても輸入は増える。トランプ政権は、米国の貿易赤字が9年ぶりの高水準なのをどう考えているのだろうか。

 

 私は日本は高金利時代には公定歩合を下げられたが、今のマイナス金利時代に超円高による不況を克服するには、私の主張する無利子無期限の永久債の日銀保有が唯一の手段と考える。まあこれは先の先の話だが、私の長期株高説の根拠の一つだ。

 

 中国との関係がどうなるか、はまた別の話になるので今回はかけない。次の本での私のテーマだ。

 

 このブログの結論。NYダウの下げは長く幅は大きいが、日本株の方は下げはあっても相対的に軽い。私のここ何週間も述べている投資シナリオは変えるつもりはない。

 

 クリント・イーストウッド監督は映画のパンフレットで「普通の人間である三人の青年が、あれだけのことができたのは、私たちにもできるよ、ということが私の言いたいことだ」と。相場が安くなると、もっと下がり続けるーという不安はだれにもあるが、買いチャンスがやってきた、と考えたら、と私は提案したい。」

 主人公の一人は言う。「危機になったら、何か行動をとらねばなりません」。なるほど。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »