今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 映画「DESTINY鎌倉ものがたり」とサウジの株売り(第889回) | トップページ | 名曲「美しく青きドナウ」「ラデッキー行進曲」と新年の日本の災厄(第891回) »

2017年12月25日 (月)

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」とサウジ異変と原油高(第890回)

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」とサウジ異変と原油高(第890回)2017・12・24

 「最後のジェダイ」は実は2回観た。お話がなかなか進行しないのでつい眠ってしまって観なおした。十分楽しめたのは映像美とカジノのシーンの途方もない生き物たちの創造。オヤジになったマーク・ハミルや、もう故人になったキャリー・フィッシャーのクローズアップを観ても面白くもおかしくもない。あとは航空戦というか宇宙戦とライトセーバーのチャンバラだ。一見に値するがよほどのスター・ウォーズのファンでないと153分は苦痛だろう。

 

 この号が2017年の最終。2018年のテン・サプライズは、まだ考えている最中で、まあ来年のお楽しみ。

 

 今回は年末から年始にかけて、おめでたいムードをブチこわすようなリスクをひとつ挙げます。それはサウジ王宮へのイエメンの「フーシ派」によるミサイル攻撃です。

 12月19日、サウジの首都リヤドの中心部にあるヤママ宮殿に向け、イエメンからミサイルが発射されサウジ空軍の防空網によって破壊された。サウジ政府、フーシ派ともに認める発表を行っている。前回11月4日のキングハリド国際空港へのミサイル発射は成功、つまり迎撃失敗し空港に着弾した時の爆発音が聞こえた。

 原油相場はWITで11月には数秒でバレル1ドル急騰。今回もバレル57ドル近辺から58ドル半ばまで上昇している。

 フーシ派が無差別化、高頻度化した背景はイランから供給資金と兵器の配分だ。現大統領ハーディ派とフーシ派で分けていたがサウジと大統領が秘密裏に紛争解決交渉を行っていたことが露見。フーシ派はサウジへの報復を始めているのが背景だ。

 

 ミサイル攻撃への防御率はあまり高くない。宮殿に落ちて王族が負傷、死亡した場合や、石油積み出し設備に被害が出た場合、一部の専門家はバレル70ドルと予想している。

 文字通りある日突然発生するリスク、として把握されるべき問題だろう。

 

 これでイマイ先生、おしまい?いやいや、サービス精神に充ちている私はこれでは終わりませんよ。現在流れている米国軍が中国の協力を得て北朝鮮を攻撃するらしい、というウワサを「あれはグラフ」とご説明します。

 

 騒ぎのもとは韓国軍部からの情報漏曵。かいつまんで内容を書くとー

 米軍兵の家族の韓国から一時退避を前提に、横田基地にバラックを建設中。

 ビジネスマンにはクリスマス休暇で米国に帰国した後、家族は暫時米国に留めよと勧告。

 一方中国人民解放軍は四個師団2万人が北朝鮮国境に集結している。

 へえ、これじゃあ騒ぎは近い、と誰だって思う。吉林省に中国側は難民キャンプを5か所も建設した、なんて聞くとなおさらだ。

 しかし、しかしですゾ。

 軍事専門家の意見を聞くと「現在やっていることは北朝鮮への威嚇(ブラフ)と考えるべきです。

 理由。現在まったく十分な兵站の準備が出来ていない。どのような先制攻撃でもその後も考えて食料、補充兵器が必要だが、やっていない。3月以降のフリーズ・トゥ・フリーズ、つまり交換条件として「北」のは核とICBM開発を凍結、代わりに米韓日の合同軍事演習を見合わせる。要するに交渉のテーブルに着かせるためのブラフという。

 

 一方北朝鮮にも対話模索ムードが漂い始めている。

 2013年金正恩が政権を握った直後、核をやめるといったら、クーデターが起きていたろう。しかしごく最近「核保有国になり国家的偉業を達成し後は経済発展に専念する」という意味の発言に変わった。ティラーソン米国務長官の方も最近のいくつかの発言は「核とミサイルの実験を自粛すれば、米国は対話を考えていい」という意味にとれる。北朝鮮にとっては万々歳だろうが日本にとっては、まことに困った事態だろう。

 

 安倍首相には、この対話ムードを巧みに使って訪朝し拉致問題を片づけ、日本の立場を悪くしないようにする外交的手腕が求められる。

 米=韓、中=「北」の核シェアが始まり、2018年は「非核三原則」をめぐって我が国の国論を二分する大騒ぎが始まるに違いない。

 

 米国はどうなるか。トランプ大統領の例のエルサレム問題はエヴァンジェリストの支持を狙ったのだろうが(明らかにバノンの助言で)、見事に失敗、支持率は低下中だ。恐らく人気回復のため先制攻撃して、6割近い攻撃支持の世論を味方にしたい。トランプ氏の心中はそんなところだろう。

 ティラーソン、マティスなど反戦派は「自殺協定」と呼ばれる同盟を組んで、何とか戦って見せたいトランプに対抗している。ピョンチャン五輪、パラリンピックの後、何が起きるやら。

 

 「イマイセンセイ。あまり楽しい話じゃありませんね。」「そうです。皆が日本株が3万円や4万円と言ってますが、そういう時に限って足元をすくわれやすいもんです。しかし、私は強気です。心から、ね。あんまり世の中が明るいというとヘソ曲がりの私としては、ブラックスワンもありますよ、とー。

 

 映画のセリフから。レイアがいう「希望は太陽のようなものよ。信じて待てば夜明けは必ず来るの。」


« 映画「DESTINY鎌倉ものがたり」とサウジの株売り(第889回) | トップページ | 名曲「美しく青きドナウ」「ラデッキー行進曲」と新年の日本の災厄(第891回) »