今井澂プロフィール

講演・出演など

お問合せ

広告


« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月27日 (月)

映画「ローガン・ラッキー」と日本経済と株価の夜明け(第887回)

映画「ローガン・ラッキー」と日本経済と株価の夜明け(第887回)2017・11・26 

アカデミー賞監督スティーブン・ソダーバーグが4年間のブランクを置いて「脚本にホレ込んだから」の理由でこの作品を監督した。

 私はこの「ローガン・ラッキー」を観て、古典落語の「時そば」を思い出した。例の「何どきだ?」ここのつでー。10,11・・・」と一文ゴマかしたのを見て、マネした間抜けがドジるオハナシだ。当時の蕎麦は16文、九つは午前0時。

 

ソダーバーグ監督は「トラフィック「(アカデミー賞受賞作)や「エレン・ブロコビッチ」でも有名だが「オーシャンズ」の11,12,13の三部作が一番知られている。

 この三本はジョージ・クルーニー、マット・ディモン、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツなどオールスターキャスト。新鋭の武器とプロの技術、ち密な作戦で難攻不落の金庫から巨額の金を盗み出す。

 

 この映画はその逆。「オーシャンズ」ほど大スターはいないし、登場人物はドジでマヌケ。素人犯罪の間抜けなところがスリルと笑いを生む。脚の悪い兄、義手を装置した弟が、モーターレース当日、気送管を通って地下金庫に流れ込む巨額の現金を狙う。

 服役中の金庫爆発の専門家を、看守に気づかれずに脱獄させ、盗んでから刑務所に帰らせなくてはならない。この難問を含め悪運とツキのおかげで何とか成功させる。

 

 ところが盗んだ金は相当部分トラックに積んだまま置き去り、公表された損害ゼロ。被害者お保険会社がOKしたので、そのまま事件はなかったことに。世間は不明の犯人を「田舎者のヒーロー」とさげすむのだがー。

 私は主役よりダニエル・クレイグ、ライリー・キーオ(エルヴィス・プレスリーの孫娘)、ヒラリー・スワンクなどの役どころが面白かった。

 「不運なローガン」が「ラッキー」に変わり、かくしてあった現金の一部は分配されて、関係者皆ハッピー。幕切れはFBI捜査官のヒラリー・スワンクが左腕のない弟と結ばれて、ジ・エンド。

 

 少し長々と映画の紹介をしてしまったが、実は今週のこのコラムはこの映画の「不運」が「ラッキー」に変わるように、日本経済が変わると言いたかったんです。

 

 私が言うと、それイマイさんがまたーと笑われそうだ。しかし、日銀副総裁がロンドンでの講演で「真の夜明けが近いと信じるに足る多くの理由がある」と述べて、外国人投資家が、この発言で日本への見方が変わり始めた。これ、ホントです。去る105日、日銀中曽根宏副総裁が

「日本経済の底力と構造改革」と題して講演。要旨は以下の通り。

 

 長寿化と余暇の増加で、日本の経済厚生は1985年以降年平均425%増!G7の中で最も高い。表面上の一人当たりGDP年平均の伸び率は225%でG7の最下位だが、現実は数字よりずっといい。

 今後の人口の老齢化、少子化を考えると労働生産性の向上が不可欠だが、労働市場の流動性向上で十分に達成できる余地がある。

 深刻な人手不足は省力化投資の増加とビジネスプロセスの見直しにつながっている。これは日本の労働生産性の伸びを高めており、米、英などの生産性伸び率鈍化と合わせてキャッチアップできると考えられる。

 長い目で見れば、物価の押し下げ圧力は減少してゆく。日本企業が生産性向上の余地が少なくなれば、賃金上昇を価格に転嫁してゆかなければならない。これは時間の問題だろう。

中曽根副総裁は「これまで何度も“偽りの夜明け”を経験してきたが今度こそ、“真の夜明け”が近い、と信じるに足る多くの理由がある」と結論付けた。

 

 最後に柿本人麻呂の有名な歌「東の野にかぎろひの立つ見へてかへり見すれば月かたぶきぬ」を引用。「朝日が差し込んできたとき、長い夜のあとに日がまた昇ってきてことを、実感するでしょう」と結んだ。

 

 この何週間も私は、マーケットが時代の転換を大声で告げていると主張してきた。中央銀行の首脳が経済についても変化を主張し始めたのはもっと注目されていい。

 

 実は今週、欧州政策研究所センター部長のダニエル・グロス氏の「高齢化日本の欧州が学ぶべき二つの教訓(ニューズウィーク11月11日号)」もご紹介したかったが今回は省略。中曽根副総裁の「今後の展開」の方が株式市場の先見性を考えるとずっとずっと楽しい。

 

 今週、ある新聞社主催のセミナーに出て、著名ストラテジストの見通しを聞いた。統計が2015年度が最新で、それが現在まで続いていると本気で信じている。下げ相場しか知らない世代が慎重なうちは「懐疑のうちに育つ」上昇相場の天井はまだまだ。私はこの格言を言ったサー・ジョン・マークス・テンプルトンの弟子なことをお忘れなく。

 

 映画の中でローガン家の妹が歌うジョン・デンバーの「カントリー・ロード」がとても良かった。

 「カントリー・ロード、私がいるべき場所、私のふるさとへ連れて行っておくれ。」今の日本はアベノミクスの成功で、再び世界に影響力を持つ存在に復活しつつある。政治でも経済でも。

2017年11月20日 (月)

映画「絶壁の彼方」とトランプ大統領の危機と日・米株(第886回)

映画「絶壁の彼方」とトランプ大統領の危機と日・米株(第886回)2017・11・19


 1950年の英国の映画で、一流の映画通の中でメチャ評価が高い作品だ。和田誠さんと三谷幸喜さん共著の「それはまた別の話」の対談で12本取り上げ、その中にこれが入っている。

 小林信彦さんの「2001年映画の旅」で「20世紀の洋画100」に入っている。小林さんのコメントは「旧共産圏の国に連れ込まれた医師がいかにして逃れるか。ハラハラドキドキの連続で、意外性も充分」とある。

 久しくDVDを探していたが、米国でも日本でも見つからず漸く今月ジュネス企画が出してくれた。すぐ見たが評判通りの傑作だ。

 

 どうして「死ぬまでに観たい1001本」に入っていないのかなあ。サスペンス映画の傑作、と三谷幸喜さんが太鼓判を押しているのに。

 

 舞台は架空の国ヴォスニアで独裁者の将軍が重病にかかり、専門医で評価の高い主人公マーロウ博士(ダグラス・フェアバンクスJR)がひそかに呼ばれる。手術を行い成功したが10日後に将軍は突然死んでしまう。マーロウは国の機密を知るものとして警察は捜査、死に物狂いで逃げる。言葉もわからぬ街の理髪店に逃げ込み、偶然他人の上着を手に入れる。次に逃げ込んだ劇場で英語を喋る歌手リザを見つけ、強引に助けを求める。

 

 上着からロンドン行きの航空券と巨額の闇ドルを見つけ、その持ち主の闇屋をおどして国外脱出の手はずを整えさせ、国境近くの絶壁を超えて逃亡しようとするがー。

 

 最後に主人公は捕まって射殺されそうになるが、ラジオから群衆の前で偽の独裁者が暗殺されたことがわかり、警察は帰国を許す。もう本物の将軍の死を、機密扱いする必要がなくなったからだ。

 

 トランプ大統領は13日(月)に東アジアサミット最終日をキャンセルし、急遽帰国した。理由はトランプJRがウィキリークスとやりとりしたメールを「アトランティック」誌がスクープしたからだ。

 トランプJRはロシアからの情報の見返りとして、ウィキリークスの創設者アサンジ氏を、米国の駐豪大使に任命する密約を結んでいた。

 

一方、ロシアンゲートに絡んで、昨年大統領選の対策本部長マナフォート氏や前大統領補佐官フリン氏の捜査が進み、逮捕か司法取引が近いとみられている。

 

 加えて2州の知事選を含めた地方選の敗北で、共和党内でのトランプ大統領への憤懣が高まっている。11月7日のニュージャージー、ヴァージニア両州知事選でトランプ派の候補が惨敗。ほかの州議会連邦議会補選でも共和党は敗北した。6月の3州の知事選での共和党が勝利して以降、トランプ批判が高まったことを意味している。

 

 この知事選の結果が明らかになった117日は、トランプ大統領が国賓以上の待遇を受け、総額28兆円の米国製品の対中輸出増の契約成立ニュースが入った日。しかし、TVや新聞の扱いは小さく、トップは共和党の惨敗だった。

 

 同時に反トランプ系共和党有力議員たちが推進している税制改革が、成立する可能性が高まっている。逆にいうと、トランプ大統領の存在感がどんどん小さくなっていることを意味する。

 この反トランプ系議員の案とは「法人税率はトランプ案と同じく20%は下げるが、実施時期を中間選挙終了後の2019年とする」というもの。共和党への集票作戦にほかならない。

 

この政治情勢が、NY株式市場に微妙に反映し始めている。2018年の中間選挙は現状では共和党勝利=減税というシナリオは描きにくく、機関投資家の買い意欲にブレーキがかかり始めた。11月8日以降上がった日は2日、残りは下げだ。従前から懸念されていたハイイールド債市場の金利急上昇も始まり、0・5%以上も。ファンドの中には資金流出も始まった。基調は弱い。

 

 もちろん市場だけではない。米中関係で習近平がトランプと約束した対北強硬制裁が、大きく後退する懸念が生まれる。当然、日米、日中関係にも影響を与える。ここ1年の「シンゾー=ドン」の関係を中心に成立している日米蜜月関係も、仕切り直しになりかねない。

 

 弾劾は時間がかかるので、米国憲法修正第25条第4節による「合法的クーデター」でペンス副大統領昇格となるだろう。しかし、ペンス氏はトランプ氏以上の保守強硬派であることを、忘れてはならない。

 

ペンス氏によると気候変動は「神話」であり、進化論は「嘘」である。コンドームの着用ではエイズを予防できない、とも発言している。元インディアナ州知事として親日家であることは、確かに救いではあるが。安心していいものか、どうか。

 

別の懸念がある。近く「北」をテロ国家に再指定。これで再び緊張が高まる可能性だ。

 

 東京株式市場については、15日で底を打ってスピード違反の上げ相場の調整は完了した。そこで今後238000円を、いつ抜くか、に関心は集まる。しかし、上記の理由で、すぐ、というわけには、とてもじゃない、いかない。

 

 10月末の全世界株式市場への資金流入額の対ベンチマークからオーバーウエイトかアンダーウエイトを見る。米国はプラス9・9%、新興国プラス62%なのに対し、日本株マイナス4・1%,ユーロ株マイナス4・3%。逆にいうとNY株式市場にはあまり上昇余地はない。売りが先行しそうだ。

 

 

 逆に「北」の問題が対日投資の重石になっており、巷間いわれている「今年から来年12月」のヤマ場説が外国人機関投資家の出足を押さえている。近く「北」をテロ国家に指定する可能性があり、緊張感の高まりはあり得る。

 

 ワシントンで政変が(万一)発生したらー。NYダウは信用取引の残が空前の量に膨れ上がっていることもあり、下げ幅は大きいに決まっている。アト講釈としては①サウジの政情不安②中国の経済減速懸念③パウエル次期FRB議長の手腕不安④税制改革の支払利子控除制限など、いくらでもある。

 

 それでも日本株の下落はごく軽微にとどまるだろう。日銀のTF買い入れは55000億円もあるし、GPIFも買う。

 

 私は21500円の上値抵抗線を抜いた時、次は23000円と予想し、これは的中した。2万70000円まで真空地帯なので上がりやすい、とも主張し、これは変えない。しかし、もう一度23000円を抜くには前提がある、「北」だ。当分モタモタするのではないか。

 

映画のセリフから。主人公に対し、山登りの専門家が言う。「この山は想像するより高くてきびしい。危険を覚悟でお願いします。」NYの方は、企業収益に比べて、上昇率は高すぎる。危険は高まっている。

 

 

 映画の幕切れ。英国向け飛行機でグリニス・ジョーンズ演じた踊り子リザが言う。「実は私は高所恐怖症なの」。必死のときには絶壁もよじ登ったくせに空が怖いとは。主人公はそっと手を握ってやって、ジ・エンド。二人が結ばれる暗示だ。女が心配がるのは、男はかわいいもんです。

2017年11月13日 (月)

映画「ゲット・アウト」とサウジ内紛とオイルマネーの売り(第885回)

映画「ゲット・アウト」とサウジ内紛とオイルマネーの売り(第885回)2017・11・12

 製作費450万ドルで営業収入約2億ドルものヒット。ホラーというジャンルに人種問題を持ち込んだ、まことにユニークな映画だ。監督は差別ネタを得意とするコメディアンのデビュー作。実に面白い。拾い物の一本だ。

 

NYで写真家として活躍している黒人男性クリスは、白人の恋人ローズの実家に招待される。過剰なまでの歓待と差別主義者でないはずの家に、黒人の使用人が二人もいることに違和感がある。「何か、おかしい」。

 後半はホラー、サスペンス、アクションと怒涛の展開。最後のハッピーエンドでのシメも、音楽の使い方も気がきいている。

 

導入部の高級住宅地で一人歩きしていた黒人男性の拉致、クリスとローズが走行中に道路でシカをはねた時の白人警官のクリスへの態度などなど、伏線が効いている。意外や意外の展開だ。

 

11月9日(木)、高値は2万3000円台だったが、結局45円安の2万2868円で終わった。私の目先の目標値2万3000円の大台近辺の順当な押し目とみるのが妥当だろう。10日金曜日のQEもこれを裏付けた。私も2,3年以内に日経平均3万円以上を主張し続けてきたので、長期強気に変わりない。しかし、やはりごく目先は天井、と見た方がいい。理由はカンタンで、オイルマネーの売りが入っているからだ。(意外ですか?ロイターが伝えています。日経もようやく書きました。)

 

さる6月、サウジでムハンマド皇太子が王族と現職閣僚38名を汚職容疑で逮捕。リッツカールトンホテルに急仕立てされた監房に監禁し、資産の凍結を行った。目的は王室経費の圧縮と皇太子への権限集中である。

 

逮捕者の中にはアルワリード王子(運用資産190億ドル)、マスコミを支配するワリード・イブラヒム(同210億ドル)など。凍結された金融資産は2000億ドル(22兆6000億円)を超え、うち6割の13兆4400億円が海外資産と推定されている。(ロイターは90兆円、と。これは大きすぎるが)

 

 その内訳は4割が米国国債、社債で3割は先進国株式、残りは不動産。日本株は7300億円程度。

この資産を没収して売却、国庫に入れているらしい。サウジアラムコの上場による利益が延期によって入らなくなった分が、補慎できる。

 

これと別にサウジの財政赤字が拡大しているのはご存知の通りだが、このため54兆円にのぼるSAMAの資産の一部が売却される。これがヘッジファンドの売りストーリーだ。これによるとSAMAの日本株保有分6300億円がプラスされ、前記分と合わせて1兆3600億円に達する。

SAMAはシャリアジャパン150のインデックス主体だが、王族や高級官僚の投資は個別銘柄で、アルワリード王子のアップルやシティ、ツィッターへの投資は有名だ。

 

 以上が先週に入ってから売り仕掛けを始めたヘッジファンドの理由づけだが、売り玉はそれほど大きくない。しかしオイルマネーの売り注文を受けている証券会社のストラテジストほど弱気。年内ダメ説を言っている。「ゲット・アウト」説ですな。

 

 私の相場観はもう少し強気だ。

 

 日経平均225種のEPSが1500円を超え、増額修正が相次いでいる。安倍首相の支持率は50%を超え長期安定政権。PER14倍台は割安、などの日本株の買い材料のほか、まだ日本人特に個人投資家の先行きに対する弱気が「懐疑のうちに育つ」長期上昇相場の環境にある。

 

 記録的なカラ売り残は減る気配はないし、信用買い残は増えない。木、金の売りはボラティリティの上昇によるプログラム売買で値幅が大きくなったが、外国人機関投資家の短期売買によらない年金や投信は、この押し目をむしろチャンスと見ている。「ゲット・イン」だ。

 

「北」のリスクがどうなるかをじっと見ており、今回のトランプ=習、プーチンの会談で解決への示唆が得られれば長期資金が流入するだろう。今、来週こそ様子見だが、ワシントンから金正恩をどう片付けるかの情報が(もし)入れば、」私は買い出動をお勧めするつもりだ。

 

 映画のセリフから。恋人の母親は神経科の医者で催眠術をクリスにかける。コーヒーカップをスプーンでかき回し、注意をそこに集中させて、クリスを眠らせる。「特定のモノに注意させればいいの。別に懐中時計をブラ下げて振るだけじゃないわ」。個人の投資家はまだ、バブル崩壊以後の日本はダメという催眠術にかけられたまま。市場の方は、もうぬけ抜け出したというサインを出しているのに。

2017年11月 6日 (月)

映画「女神の見えざる手」と16連騰上昇相場の今後(第884回)

映画「女神の見えざる手」と16連騰上昇相場の今後(第884回) 2017・11・6

 ジェシカ・チャスティンはイマイチ美人じゃないが、意志の強い女性をやらせたら実にうまい。ロビイストのやり手、なんて実に適役だ。

 銃規制法案を通すべく巨大な銃擁護団体に対抗して、大きい会社から移籍して自分の信条を貫こうとする。銃保護派はあの手この手で主人公エリザベスを落とし入れようとし、彼女は闘い続ける。

 アカデミー主演女優賞にノミネートされた「ゼロ・ダーク・サーティ」のCIAの分析官と似た女性ヒーローだ。映画としてはアカデミー作品賞ものだと思った。銃がテーマだしまあムリだろうなあ。

 今回の急騰相場に乗り遅れました。イマイ先生どうしたらいいですか。急騰のあとだから急落があると思うんですが。まあこんなご質問が多いこと。お答えしましょう。前にも申しあげたとおり、日経平均2万7~8000円までは真空地帯。上昇が早すぎてスピード違反になり、下落することはもちろん市場の常識だから、十分にあり得ます。しかし、押し目は軽くすぐ上昇しますよ、と申し上げています。

 いまの証券会社の現役ストラテジストのほとんどは、上昇相場を知らないから、まだ上昇相場で弱気になることのコワさをワカっていないんです。

 2万1000円の大台を抜くのに4週間以上もかかり、はっきりと抜いたのが10月13日。そのあたりで2万1500円とか2万2000円で止まり、と言っているエセ・プロがいかに多かったか。

 テクニカル・アナリストで早くから「秋に2万2~3000円」を主張し続けてきた、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮田直彦さんは「旧TOPIX」を使って「天の岩戸がついに開いた」としました。

 宮田さんによると「過去4半世紀にわたる上限の1750ポイントを、明確にブレイクした。日本株は、バブル経済崩壊後の大停滞を離脱した」。(ここはものすごく重要です!)

 「11月1日には(旧TOPIXは)1858・5ポイントまで上昇、91年11月以来26年ぶりの高値となっており、短気的な調整をはさみつつも2055ポイントを目指すだろう。

 2055は12%上、2万4900円近辺になる。これは89年の歴史的高値の61・8%戻り(エリオット波動分析では大事な数字)に当たる。長期上昇相場は始まったばかり。目先の作戦は五ケタ株の押し目、2,3年の中期ではゼネコン大手。長期では自動運転、ロボット、フィンテック、リチウム電池、医療機器、夢を買いたい向きには海底熱水鉱床開発関連。

 FRB新議長が決まり、12月の利上げは固そう。ドル高円安で輸出比率の高い精密機器や建設機械もひと回転できるだろう。円の対ドルレート115円突破がメドになる。なかなか突破できないだろうが。

 ヘッジファンドは今回はカラ売りの買戻しを狙って、売り残の多い銘柄も日経225と一緒に買い上つた。まだドカンと売るには早いと考えているようだが。

 さて、イバンカさん、トランプさん来日で日本のTVは持ちきり。「北」が主題となるとの見方が多いようだが、中国党大会で親北朝鮮の石油閥の三人の首脳がパージされてから、中国による経済制裁は強化され、ミサイル発射で挑発、なんてとても出来ないだろう。(100%ない、とは言い切れないのがヨワいが)。やはり「北」は危機としてはヤマを越しつつあると見た方がいいのでは。

 逆に今回来日しているウイルバー・ロス商務長官が榊原経団連会長に示唆したとみられる「米国のTPPイレブンへの参加」はいい材料だ。トランプ大統領は当初の保護貿易政策をどんどん後退させており、先日、いったん脱退を宣言していたパリ協定へも残留が示唆された。トランプ政策の後退を余儀なくされている事情は、また別に。

 ところで12月中旬に私の42冊目の本が刊行されます。

 「日経平均3万円 だから日本株は高騰する!」(フォレスト出版)。ご期待ください!

 映画のセリフから。エリザベスは繰り返し仲間に言う。「必ず先手を取ること。しかし敵が攻撃して来たら、向こうの切り札を待って、それからこっちの最後の手を打つの」。映画ではこの話の通り、意表を突くドンデン返しがありハッピーエンドに。「見えざる手」は日本株の長期上昇を、はっきりと示しています。私にはよく見えます。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »